スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン・タトゥーの女


海老蔵がピーピー。
24時間営業でピーピー。
時には遠吠えも。
ワン!と鳴くのは迷惑なのだと判るのか、極力我慢している。

散歩で発情中のメスと出くわしてしまい、これはいかん!から諦めへ。
neruebi
普段の晩御飯が終わった後のくつろぎの時間。

今はもう寄って来ない。
勝手口や窓が開くのを虎視眈々と狙うのみ。
頭の中は種まき一色なんだろうな。

人間の風呂入りや風呂上りを狙って股間の臭いも嗅ぎに来ない。
昨日ちろっと尻舐められたけど。
かーちゃんのケツじゃ駄目、とばかりな感じでちょっと傷つくじゃないか!
・・・何でだ。
何故傷つくのだろうか。

田園地帯で散歩中。
メス犬の側に行きたいあまりに道路から1.6mほど下の畑にダイブ。
巻き添え喰らいそうになった。
なぜか飛んだ本人も驚いていたので、落ちたのかもしれない。

大型犬は巻き添えあるからねー。
リードはいつでも手放せるようにしたほうが良い。
でも、このパターンの時は放すとメス犬まっしぐらだったはず。
悩ましい。

お互いがあんまりしんどいなら去勢も考えたほうが良いのか、とも思わないでもない。
でも骨肉腫のリスクを犯すなら前立腺の病気のほうがまだ良い。
たまたま取っても腰は振るそうだし、興奮すれば根元のぐりぐりも出てきて、交尾だけなら可能だそう。
たまたま取っても性欲的なものが全部無くなるという訳ではないのなら、限界まで付き合うわ。



脱線が過ぎた。

ドラゴン・タトゥー。
オープニングで圧倒された。
リズベットの悪夢をモチーフにしたという、スタイリッシュな映像にツェッペリン。
移民の歌のカヴァー。
女性ボーカル。
おぉぉぉぉぉぉ。

ここだけでも映画館で見ろー。
本編も圧倒的だった。
2時間以上の上映時間を全く長いと感じなかった、全く。

ダークなトーンで暴行描写や性描写も情け容赦無い感じなのに、喫煙シーンがしつこいくらいなのに、
食べ物がおいしそうだった。
意外ー。

聞いてないよー、とショックを受けた暴行シーン、パンフ見たら
加害する側の役者さん、撮影が終わったらトレーラーでしくしく泣いていたんだと。
変態の行うことって因業やなぁ。
まともな人間には耐えられないんだよなぁ。

いろんな意味でいろんなものをすり減らせて、物凄い努力の上に出来ている映画なので、
苦手だという人が見たらダメージはでかい。
そして猫惨殺のシーンだけはガチで怒った。
暴行も凄く腹たったけど、役者さんの演技だしという気持ちがあったのと、リズベットがこのまま終わらせるはずが無い、という予感があったので耐えられた。
もちろん、猫の死体は贋物のはずだけど、むかついたー。
名前も無くて、ミカエルが「キャーット!」と呼んでいた子。


次作も作ってくれ。
原作を読んでいないので、読みたい、でもこのクオリティーで映画化されるなら映画先に見てからが良い
という気持ちのせめぎあい。
っていうか、ラストから推測すると次はリズベットの逆切れ報復がミカエルを襲うような予感がバリバリ。
コワい、怖すぎるーーーーーー!
でも観たい。

なので、逆切れ報復なのかどうかだけでも知っておいて心の平安を得るべきか
あくまで楽しみは取っておくべきか、凄く悩むー。


逆切れ報復、と言ってもミカエルがクリスマスは娘と会うって嘘付いたからね。
実は付き合いの長い彼女と過ごしていたからね。
いかんね。
しかしながら、リズベットもなし崩しで関係持って彼女面だからね、いかんね。
ベッドルームでパンツ脱がれて堪えられる男もそれほど居ないしね。
リズベットに嘘をついてしまうミカエル、スケベだわー。
逆切れされたら命とられかねない相手とわかっていて、誠実な態度を取れない。

此処はマルティンとの会話が象徴しているんだと思う。
人は他人の機嫌を損ねるのを恐れるっていう。
その後に命を脅かされるようなことが待っているという予感があってさえ、機嫌を損ねないほうを選ぶと。
健常な人間の社会性ってそういうもんでしょー。
でも変態はそこ突いてくるのね。
くわばら。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うむ~、ドラゴンタトゥみたいような、みるのおっかないような・・・・
みたらスゴいなぁ~って思う反面、トラウマ残りそうやないの。(笑)

たまたまとる件、オイラも男だし、
同性としてかなり精神的な抵抗かんじたけど、
うちのこは、血尿がたびたびでて、
前立腺の病気になる可能性が高いと聞き、去勢。
子孫つくらないなら、そのほうが寿命がのびるって聞くとね。

中国の宦官って長生きしたのかな?(笑)

トラウマなし

トラウマにはならないと思いますよー。
むしろ作るほうが逃げなかった、えらい!
という感じです。
むしろ全体的にカッコいい。
hiroponさん、次に映画館に足を運んだときには見ると思います(笑。

宦官の寿命ですかー。
どうなんでしょうね。
思えば物凄い制度ですね。

たまたまですが、
病気の可能性が高くて取るなら仕方ないです。
病気予防のため、っていうのは
ひどいなぁと常に感じてました。
胃を取ったからもう胃の病気にならないね、良かったね。
とは誰も言わないのに。

No title

さきにTIMEみちゃいました(^^ゞ

みーたーなー

週末見るつもりなので、ネタバレは待って(笑

No title

読みに来てちょ。
ネタバレかいてませんから、ご安心を(笑)
賛否両論のはげしい作品ですけど、私は好きですね~。

みました

ドラゴンみました。
ホンキで作ってありましたね。
スゴイ作品でしたわ。
プロフィール

kiyasakichi

Author:kiyasakichi
ゴールデン・レトリーバーの海老蔵と暮らす。
洗濯機とルンバが抜け毛のお陰でいつも壊れかけなのが悲しい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。