スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイヨン、デヴァターなど。

引き続きバイヨン。
目を引くのはデヴァター。
語源的にディーヴァと関係あるのかしら。
DSC08989_640.jpg
DSC08987_640.jpg
DSC09027_640.jpg
ボディラインが羨ましい。
最小限の着衣はシルクだったのかッ。
ふわふわのひらひらかッ。
ネックレスやピアスは重そうだ。
髪飾りも半端なさそうな重量。
神でもファッションは我慢なのか。
あ、そんなんとっくに超越か。

DSC09004_640.jpg
外観を少々。
エジプトと違い、スケール感は納得がいくサイズ。
遺跡についている銃痕では無い穴は、造営時に象に運ばせるために開けた穴だとか。
石材の大きさも象さんがんばったのね、と納得のいくサイズ。
遺跡のサイズも地上五階建て、位でこれも納得。
時代も平安時代くらいと安心の年代。
ってなにが言いたいかというと、エジプト破天荒すぎ。
時代は紀元前だは、遺跡は何でこんなでかいんだーというサイズだし。
安心感が無いわッ。
どっちも好きだけど同じアジア圏という事もあるのか、職人が作ったんだなぁと
感じられるしエジプトよりはカンボジアに親近感。
でもどっちも好き。

DSC09018_640.jpg
飛んでいた。

DSC09016_640.jpg
五体投地なのか。
ゴータマなのか。
こっちのゴータマの坐像は光背ではなくムチャリンダを背負っているのがまた親近感。
もちろんセイントお兄さんを思い出して楽しくなった。

DSC08998_640.jpg
どや顔。

DSC08999_640.jpg
象に乗って行軍。

湿度が高かった。
もっと沢山着替え持って来れば良かった。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyasakichi

Author:kiyasakichi
ゴールデン・レトリーバーの海老蔵と暮らす。
洗濯機とルンバが抜け毛のお陰でいつも壊れかけなのが悲しい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。