スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタンの戦いが結構楽しめた。 「最近観た映画。(182421)」


どうせ特撮バリバリで
戦いに、持っていく過程がリュック・ベッソン並みに適当(失敬)で、
グリーンバックで撮影してて、
俳優はピンポン球見ながらお笑い芸人みたいに(これは、サソリの腹突き破って
出てきたサム・ワーシントンの動きがそう見えた)あばばばばばーって暴れるんだろう?
そうなんだろう?
という凄く偏見混じりな理由で劇場鑑賞はスルーした。

でもちょっとは気になってたからDVDで見た。
あらー、食わず嫌いだった。
引きを大胆に使った撮り方がイイ。
1つ間違うと画面スカスカでなーんやコレ。ってなるのにイイ。
カメラさんと波長が合うと、心地良いのでイイ。

あと、マッツが素敵。
MadsMikkelsen.jpg
http://www.life.com/image/90344065
↑から拝借。
カッコイイ。
もう画面に出てくると釘付け。
うへへへへ。
三つ編み戦士バンザイ。

ストーリーも納得の行くところに落ち着いていて、リーアム・ニーソン演じるゼウスの
理不尽さが理解できる範囲だった。
仕舞いには配偶者を与えたりして、良いとーちゃんだった。

にしてもサム・ワーシントンには悪いが、ジョン・シナと演技がどっこいどっこいに感じた。
加工多いと大変なんだろうなー。
サソリ相手にあばばばばーってしているシーンは、マヂ若い頃の石橋貴明を思い出した。

んで、あれ?メデューサはユマ・サーマンじゃなかったっけ?って思ったら
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

価格:3,591円(税込、送料別)


こっちだった。
紛らわしい。
勿論まだ観てない。
つか見るかどうか分かんない。

んなこったからファンタジーのシリーズ化は難しいのかも知れない。
時期が悪いよね。

題材が題材なだけに色々被るし、プリンス・オブ・ペルシャを凄く思い出したり、
プリンス・オブ・ペルシャを再評価したりしたけど、楽しめたからオーライ。
p_0709092158.jpg
↑新生児の頃の海老蔵。
どれだか私にも分からない。
4人兄弟でした。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyasakichi

Author:kiyasakichi
ゴールデン・レトリーバーの海老蔵と暮らす。
洗濯機とルンバが抜け毛のお陰でいつも壊れかけなのが悲しい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。