スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ウォーカー ネタバレ全開で感想。 「最近観た映画。(182421)」

ザ・ウォーカー

ザ・ウォーカー

価格:620円(税込、送料別)


感想を述べると即ネタバレになる映画なので、これから観る予定がある方は見ない方が
良いわよー。

見終わって微妙な気持ちになった。
座頭市とか西遊記とか世紀末物とかのごった煮。
西に向かう→西遊記 あまり関係が無いかも知れないけど西と言えば西遊記なのよ。
盲目で凄く強い→他にもいるかも知れないけど座頭市しか浮かばないわ。
文明崩壊後→北斗の拳とかマッドマックスシリーズね。

本を運ぶって言うから、すわネクロノミコン?!とか思ったのがいけない。
聖書って分かってからのがっかり感。
子供の頃に読まされた本の話を思い出した。
超かいつまむと、

男が強盗に襲われる。
ホールドアップ
強盗がお前の武器も頂くよと言う。
尻ポケットにあるよと男。
強盗尻ポケット探る。
聖書出たー!
これが私の武器だ。と男。
強盗悔い改める。

子供心にざげんな!って思って未だ忘れない話なんだけど、私は子供の頃からすれてたのか。
説教臭せぇのは未だに苦手。

こういうのを地で行く話なのでウヘァってなっちゃっていかんかった。
ゲイリー・オールドマン演じるカーネギーがそんな私とストーリーの橋渡しをしてくれる。
でも聖書の加護など無いと言えば言うほど虚しくなる話なのでずるい。

この人もカメレオン役者よねー。
ベビーからヒールまでこなすけど、悪役がやっぱりはまるわー。
今作はDVオヤジになりきってて胸くそ悪かったわー。

つかよ、イーライみたいに完璧に暗記していないまでも少しは覚えてない?
聖書の内容さー。
うろ覚えの内容に自分に都合の良いことを混ぜて布教しちゃえば良かったんじゃないのか?
読み書きできない人間が殆どなら簡単なことだし。
別に聖書そのものが手に入らなくとも象徴するような物をでっちあげちゃえば良い訳だし。
それ言っちゃうと多大な犠牲を払ってまでイーライを追いかける必要はなくなるので
話が終わるんだけどねー。
とにかく動機が弱いわね。


そして西。西にはなにがあるの?天竺?とか思っていたらアルカトラズ。
なーん。
がっかりする必要は無いはずなのにがっかり。
聖書の内容を口述して亡くなるイーライにがっかり。
いや、勿論大怪我しても使命を果たすまでは死ねないとまで思えるような仕事を
貰えるというのは、人として幸せなはずなので全然がっかりする必要はないのよ。
むしろ羨ましいと言えるはずなんだけどがっかり。

宗教がらみだと私の胸にすとんと落ちてこないと言うことなんじゃないかなー。
神の声が聞こえるとか、お導きがあるとか、アレルギーだわー。

そしてラスト。
イーライを通して神の言葉を知ったミラ・クニス演じるソラーラ、立つ!
ってアンタハチェット扱えるの???
一人で身を守れるの???
神のご加護があるから進めますのよ、っていうのはどうなのよ。
ラストで凄いどうなの感に襲われた。
ミラちゃんはとても可愛いですけど。


後、冒頭にデンゼル演じるイーライが猫撃つの、猫。
コーニッシュかなー。
今も貴少な猫なのに丸焼きにされちゃうの。
確かに毛をむしる手間はないけどたまらん。

後にペルシャもちょっと出るのでスタッフに猫好きが居たのか。
ってそこは置いといて。
死体の足を囓る猫のシーンで死んだ人の銃がアップになったので何か意味があるのかな
と思ったらなんもなかった。


色々なんもないんだけど、ジェニファー・ビールズがナイスミドルになって
綺麗どころの役で出てた。
フラッシュダンスから何年だ。
27年かー。
美貌が衰えないというかむしろ魅力が増したというか、凄いわー。


雰囲気やセピア色な画面は良いけど、なんか惜しかった。
そうでなくともウヘァだったのに途中音声が途切れたーと思ったら、パッと非常口
誘導のライトが付いたのもがっかり。
これは内容と関係ないけどがっかり。


次のがっかりは、カラスコライダー
カラスコライダー 【DVD】

カラスコライダー 【DVD】

価格:3,591円(税込、送料別)


マスコット好きなのでこれは外したらあかんと思ったので観た。
1時間経過してもまともにカラスコが出てこなかった。
なんか見たくもない監督と脚本の人の小芝居が続く。
最後の最後でやっと出てきて格闘。
勝利。
なんかやっぱりピューと吹くジャガーのハマー臭が拭えなかった。
何故映画にした!
合間にちりばめた関係者インタビューとカラスコ活動の様子だけで良いだろうよ!

マスコ好きでも援護出来ないわ・・・上映館少なかったのも頷ける。
ゴミに過剰な反応を示すカラスコに哀愁を感じた。
是非!しょんぼりしたい時に見て欲しい映画。
っていうかそんな時あるのかよ。

↓2日に満1歳を迎え、カメラ目線に余念のない海老蔵。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiyasakichi

Author:kiyasakichi
ゴールデン・レトリーバーの海老蔵と暮らす。
洗濯機とルンバが抜け毛のお陰でいつも壊れかけなのが悲しい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。